キャッシング 身分証明証について

キャッシングの契約をするには、身分証明証の提示が必須になります。
身分証明証には運転免許証を提示する方が多いかと思いますが、
この身分証明証、提示する種類によってキャッシングの契約に有利となる可能性があります。
有利になるのは、健康保険証を提出した場合です。
健康保険証は職種によって種類が異なります。その健康保険証の種類によって、
キャッシング利用者が勤めている会社の安定度がある程度分かるのです。
会社に勤めている方は、組合健康保険証をもっているはずです。健康保険組合に加入していることで
ある程度安定した企業に勤めているということが分かります。
また、さらに有効なのが公務員共済健康保険証です。公務員ということでさらに安定しているという
ことがわかります。
このように、身分証明証1つでキャッシングの契約が有利になります。
専業主婦でもスマホから借りれるカードローンでも身分証明書のみで借りられます。
ただし、国民健康保険証や運転免許証を提示したからと言って、特別不利になることはありません。
もし所持していれば優先的に提示するくらいの認識で覚えておけば十分でしょう。