簡単にかせぜるはずがない

一般的なはじめたばかりの人向けのFXの本では、「マイナスになった時はナンピンをして全体の平均の買い付け価格を抑える事ができる」などと助言されていたりする事もありますが現実にはここにはかなり大きな危険が待ち受けています。

 

まずは、ナンピンのやり方について手短に説明します。

 

例として1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$買いだからドル高になれば利益が出るわけですが思い通りに行かず95円まで円高方向に進んだとします。

 

このままの状態で所有し続けたら、損失が戻るためには5円分、円安ドル高に向う必要があります。

 

みんな、損は早く取り戻したい考えます。

 

それを解決するため最初に取引したのと同額分のドルを1ドルを95円で取引します。

 

それで、平均のコストは1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

 

結果として、半分の幅でドル高が進めば、損失を回復できる。

 

この流れがナンピンの手法です。

 

ナンピン買いのやり方を知ると、「なるほど」と考えるが、為替相場は易々と思った通りにはなりません。

 

元々、1ドル95円が下限だとということなどなんびとも予想できません。

 

仮に、相場が相当に強い円高ドル安地合であれば、95円では収まらず、更に一段の円高になる危険性は高くなります。

 

たとえば、97.50円でナンピンをするとしても、1ドル=95円まで円高ドル安になったら、ナンピン買いしたポジションにも差損が生じることになってしまうのである。

 

そういう状態では一番初めに買ったドルと一緒に、差損が生まれる事になります。

 

このように、ナンピンは大変です。

 

では、マーケットが自分自身の筋書きとは逆に素早く進んでしまった場合どの対応でリスクを軽減すればいいのだろうか。

 

この場面では選択できる方法は多くはありません。

 

最初のひとつは覚悟を決めて、ポジションを諦める事です。

 

もうひとりは今、あなたが所持しているポジションを少なくして、再び為替相場が元のようになるのを何もしないで待つ事です。

 

ちょっと弱腰の方法だと考える方もいます。

 

しかし、持っている買いポジションに損が出た場合、妥当な術はこの2つ以外にはあるはずがありません。

 

確かに、ロジックとしてはナンピンをする手段もあると思います。

 

しかしナンピンはあなたが損失を披っているにもかかわらず、買いポジションを縮小するどころかポジションを重ねていく方法である。

 

この方法では、リスクを管理することなどどう頑張っても可能ではないと思うべきです。

 

ナンピンを続けられればやがては儲けが出るかもしれません。

 

だがしかし、それより前に資金はマイナスになってしまいます。